×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

▲雑記過去ログ/目次   ▲HOMEに戻る


*ファイル移動に伴い古い画像等は表示されない場合があります

◎雑記(更新メモ+お知らせ+雑文)◎


◎2005年12月19日(月)

ストーブが壊れて死にそうです。そして鬼のパンツのことで頭がいっぱいです!!

■あと新刊のコメント色々ありがとうございまーす。最近寒いですから暖かくして、長い夜のお供にヒッソリ楽しんでね。


◎2005年12月13日(火)

ネットでお習字(OSUG)
おもしれ。習字は心を無我の境地にしてくれるね。
ちなみに私の清らかなお習字作品は
823番kintamaです。

■あああもうダメだ。ヒッソリ呟いちゃうぞ。
DVD公式サイトの背景はどう見ても鬼太郎の鬼のパンツだよ。
パンツが背景!パンツが背景!(2度云ってみました。)

「どんな流行もぼくには関係ないんだ!」と設定資料で言い切って
パンツ姿で元気良くおっ立つ鬼太郎の姿を見ていると何かに負けた
様な気がするんだよね。肩パットとなめネコの80年代が眩しいよ。
恐るべしバブルの申し子…!

健康美を目指してみたが何か間違っているかもしれない


◎2005年12月10日(土)

◎更新メモ◎
痴愛偏愛画→『付録◆懶惰画廊』に画像追加。

破廉恥な絵が描きたくなった!お下劣!悪趣味!ハレンチパワー!(私の活力の源です。)
「夢工場87」タイアップ作品、#86『妖怪香炉・悪夢の軍団』をセレクトだよ。
この回、アニメの中で「夢工場87」をこれでもかと紹介しておいてタイトルは「悪夢の軍団」…
なんですかそのひねくれ具合は。なんなんですか一体。後期見てると頭が混乱してきますよ。

「あのユメコとやらを連れてこい…」
「あの柱に(鬼太郎を)杭付けてメッタメッタにやっつけてやるからムフフフ…」
なんてアニメで云いつつ、夢の世界にいながら自分のその夢だけは叶えられなかった
気の毒なぬらりひょん先生の希望をかなえてみました。ぬらりひょん先生良かったね!


◎2005年12月03日(土)

■引き続き「アニメ化未作品の原作を3部でやったら」
ドリー夢・ラフ画版だよん。
原作は『コケカキイキイ外伝』より「黒神出現」をセレクト!

ある会社の独身寮を壊すと同時に出現した大量の精子の群れ!
そしてムダに排泄された独身青年たちの精液は史上最高に達し
妖怪黒神が出現した!黒神は一夜に100人の処女を奪い、更に
日本中の処女を無くすまでセックスしまくると明言する始末!
コケカキイキイは静かに唱える…セックスと赤線復活論を…!

*注/原作に忠実に説明してみました。)

そして黒神の魔手は遂にユメコちゃんに及ぶ!戦え!鬼太郎!
ユメコちゃんの処女を守るのだ!(脚本は武上純希くんだね)

鬼太郎「ユメコちゃんのだけはダメ!絶対!!」

-----------------------------------------------
■12/02から書店にて『愛毒3』の販売開始しましたよん。
お待たせしちゃってすみません。ご要望の方はヨロチクね。


◎2005年12月01日(木)

■「ゲゲゲBOX80's」の思い出に残る妖怪大募集の告知を見ていて何やら懐かしいデジャヴを感じ、探してみたらあったあった!

  妖怪イッキ:人にとりついて、一気にお酒を飲ませてしまう(BY水木先生)
新妖怪の中から一部を模写

これは3部放映中に企画された『ぼくが考えた鬼太郎妖怪コンテスト』に合わせて水木先生が描いた新妖怪(の模写)だよ。
ちなみに当時のコンテスト審査員は水木しげる先生/横山賢治東映動画プロデューサー/清水賢フジテレビプロデューサー
など、思わず条件反射で土下座しそうな豪華な面々、更には目を疑う様な豪華賞品の数々で我ら子供たちを誘っていたのだッ!

…まあ、子供だった私が考えた新妖怪なんてこれだけどね。フ。フ…フフフ…。

そしてあれから約20年経った現在、「妖怪イッキ」は薄汚れた大人になったこの私に確実にとりついていますッ!


◎2005年11月29日(火)

3月分の雑記にて(ごく一部で)大好評だった勝手に連載シリーズの
「アニメ化未作品の原作を3部でやったら」ドリー夢・ラフ画版だよん。

原作は『新ゲゲゲの鬼太郎・弟3集』より「ろくろ大合戦」をセレクト!

男馬の精液を飲みにくる妖怪「ろくろ首」から馬のチンポを守るために
深夜待ち伏せする鬼太郎とねずみ男!しかし罠にはまり、甘酒を飲んで
寝込んだところを腰が抜けるまで精液を飲み尽くされて朝になりました!
朝になって鬼太郎曰く、気持ちが良かったそうです!良かったね!

*注/原作に忠実に説明してみました。)

大体あれですよ。寝込んで無防備な可愛い鬼太郎のチンポを狙うとは、
「ろくろ首」もさすがババアだけあって中々ツボを心得ているじゃあ
ありませんか。何という羨ましさ。「老婆」って存在は猥雑でエロいゾ。
よし決めた。次はババアに生まれ変わって鬼太郎に同じことしてやる。
今から首を伸ばす練習するぞ!

*アニメでは是非ゲゲゲハウス内にてお願いしたいものです。
(鬼太郎のパンツは鬼のパンツ!3部設定を忠実に再現してみました。)


◎2005年11月26日(土)

■癒しの模写の時間@ラフ画バージョンです。
#102「おてんば魔女ジニヤー」より
(作監/松本朋之@座円洞チーム!)
ちょっとちょっと!ジニヤーちゃん!鬼太郎のドコ触ってんの!

「ううっ…!」と悶えながら鬼太郎が顔を赤らめるこのカットは確信犯としか思えませんよ。
何と云っても茶目っ気たっぷりの松本さんですから、このくらいは朝飯前です!断言!ううう羨ましいーッ!
----------------------------------------

■新宿の花園神社酉の市恒例・見世物小屋に行ってきた。蛇を喰らう期待の新人・美人の小雪太夫がお目当てだよ。

失神女とか盗撮男とかハプニングもりもり。客も見世物状態だ!

後日談としては、小雪太夫の「悪食の実見・蛇食い」を私の前で楽しそうに見ていた可愛いお嬢さんのブログをネット巡回先で
偶然見つけちゃったりなんかして、(タレントさんでした。)なんというかやはり、居心地の良さを求めて彷徨う地下住人たちの
行き先は自然と同じ場所・空間になってくるんだなあー。などと、訳もなく感じ入った次第でありました。「蛇の道は蛇」だな!

*情報やコメント色々ありがとうございまーす。


◎2005年11月18日(金)

■鬼太郎DVD公式サイトでは20年経った目玉おやじの進化に目が釘付けでした。

2005年モードは眼球模様が赤目から白目へと移動しました

すごい。サプライズだ。更にあと20年も待てばベアード様になるんじゃないだろうか。
ああ…それにしても嬉しいなあ。大好きなものがあるって、いいよねえ…(しみじみ)
--------------------------

■あと発行物に関してお知らせ
ちょっとこちらの方で手違いがありまして、11月中旬予定でした『愛毒3』の発行が12月にずれこみそうです。
す。すみません…!また改めて販売開始の際はお知らせしますのでしばしお待ちください…!

そんなこんなでここ数日は、諸手続きでバタバタしていたり仕事の合間をぬっては鬼太郎を見て感極まって号泣したりと
非常に落ち着かなくもどこか心ここにあらずな状態でした。「スプーン一杯分の幸せ」ってやつを最大限に噛み締め中です。
昨日は深夜に「おてんば魔女ジニヤー」を見て感涙のむせび泣きですよ。明らかにどうかしています。いつも以上に異常です。


◎2005年11月11日(金)

3部のDVD-BOX発売についてトップにリンクはっといたよん。でかける前に取り急ぎね。

--------------------------


2002年、雑記用にマウスで作成したCM模写絵

せっかくの機会なので、たまには懐かしの当時モノを少し蔵出し。

左図は放映当時にCM放映していた「マルハの鬼太郎ソーセージ」の
アニメカットの一部模写です。(模写絵の作成は2002年。)
ありえないくらいの可愛らしい鬼太郎作画でした。バード系列。
これを見た時、「こういうのもアリだな。」と思い、そして尻の穴が
5センチほど広くなった心持ちがしたのを覚えています。

当時のCM、他にも座円洞の松本(朋之)さんが作画したものなども
存在するので是非まとめて見てみたいですね。レベル高すぎますよ。

なーんて。欲を出したらキリがないよね。
まずは18日封印解除のゲゲゲの鬼太郎DVD公式サイトだッ。


◎2005年11月09日(水)

◎更新メモ◎

解析分析図→『妄想楽屋裏/完全版』#6「地獄行!幽霊電車!!」追加。
地獄行の電車なんて喜んで飛び乗っちゃうよね。天国なんかに行くよりも断然オススメだ!

-------------------

自分でいうのも何ですが、雑記を縮小してからサイト更新の回数が増えてるよ。良い傾向なんじゃないの。これ。
環境がいろいろ変わってハリキッたのかな。最近肉と焼酎が主食だったからかな。違うかな。まあいいや。

■癒しの模写の時間です。
#99「はきもの妖怪化けぞうり」より
(作監/松本朋之@座円洞チーム!)

ワラ縛り受けてみよ!どうだ動けまい!グフフ!」by化けぞうり

ああ…いい… いいよ……。鬼太郎ちゃん……。トリップするウウウウウウ!!


◎2005年11月06日(日)

超神ネイガー やばい。これキた。ツボにきた。武器「ブリコガン」がものすごく欲しい。ネイガー図鑑より)

--------------------

■癒しの模写の時間です。模写率78%くらいでご覧ください。
#106「とうふ小僧と山の神」より(作監/松本朋之@座円洞チーム!)


いきなりブッカケられたのがよほど不愉快だったご様子の松本鬼太郎です

多くは語りませんけどね。色々と危険過ぎるカットですよこれは。ス、スバラチイッ!


◎2005年11月04日(金)

◎お知らせ◎

■『愛毒3』脱稿しました。11月中旬に印刷所から各書店さんに納品予定です。
出庫連絡が入ったらまたお知らせしますね。

■2006年先取りでサイト改装。3部放映20周年になったのでウチも20才以上推奨劇場になりました。
コンセプトはキネマ。どんどんキチガイじみてきてるな。なんだこのサイト!キモッ!


◎2005年10月26日(水)

◎更新メモ◎

解析分析図→『妄想楽屋裏/完全版』

一昨日の夜は近年稀に見る激しい雷雨で、鳴り響く雷がとうとう深夜一時にドオーン!と最接近して
自宅傍に落ちた音で目を覚ましました。深夜一時の衝撃です。ああ恐ろしかった。

あれですよ。あれ。その時はるか上空ではガチムチのカミナリ様とムチムチのヤマグッチ鬼太郎
とにかく抱き合って汗まみれになりくんずほぐれつになるというよく分からない熱い戦いしてたんですよ。

その余波で雷が落ちたんです!2人のムチムチ対決の余波が!うちの自宅に!あんな激しい爪痕を!
前置きが長くなりましたが、そんな訳で本日の更新はヤマグッチ先生の#5「ダイヤ妖怪輪入道」です。


◎2005年10月20日(木)

■マッドキャラを愛する僕らの気持ち : priceless
お金で買えない価値がある。恐怖と戦慄の水木しげる・ザ・ワールド。

いいねこれ。グッジョブだ!
-----------------------

■8月の雑記で情報募集した「某大型ビデオレンタル店の鬼太郎画」ですが
←御好意により、その画像を入手することが出来ました。ありがとう!

ベ…

ベアード様!ベアード様じゃないですか!!鬼太郎を見てるゥゥゥゥ!

ちなみにこの画像は千葉のとある店舗で撮影したものだそうです。
もう笑うしかありません。目撃情報は関東方面が主なので、関東の店舗で
見かけた際はどうぞよろしく。ヒッソリと笑ってやってください。
(元画像はサイト内「画像展示」の対バックベアード戦/2001年作成)


◎2005年10月12日(水)

◎更新メモ◎

痴愛偏愛画→『画像展示』に画像追加。3部放映20周年記念画。

ちんこ!本日は3部放映20周年記念日なので、ウチを以前から見てくれてる方々にはお馴染みの恒例の記念日更新です。
3部をリアルタイムで見ていた世代というのは、時期の前後は多少あるにせよ「オイルショック」と「ベビーブーム」の
洗礼を受けた世代なんじゃないでしょうか。その申し子といってもいいけど。飛躍するとトイレットペーパー世代だよね。
(飛躍し過ぎました。)最近の原油高騰を見ていると懐かしの昭和トイレットペーパー騒動がついつい頭をよぎる訳ですよ。
団塊のベビーブーマー世代の正夫と優子はあの時トイレットペーパーを買い占めた後、ユメコちゃんを授かったんだ!

そんな訳で。もはや外の世界の事は全然分かりませんが、ウチのサイト内は昭和です。昭和で止まっております。
電話は黒電話。トイレはボットン便所。トイレットペーパーは便所の前方左に据えられたカンの中のチリ紙。
リンスは洗面器に湯をはって溶かすやつです。ドラマはTBS「うちのこにかぎって」と「おぼっちゃまにはわかるまい」と
「もしも学校が…?」が最新人気番組です。(目が血走ってきました。)前向きに後ろを向いて進んでいきます。ポークショッ

あと「妄想楽屋裏」は20周年に合わせて(自分の中で)終了計画でしたが頓挫しました。ギギギ・・・。
のんびりやることにします。

----------------------------------

キノコを観察しに渓谷に行ったら蛇2匹と遭遇しました。今年の山のキノコ繁殖率は凄いな。
←蛇2匹のうちの1匹。ウンコじゃないよ。蛇だよ。私の眼前で見事なトグロを巻きました。


◎2005年9月30日(金)

昨日更新分のテキストでもちょこっとだけ触れた兼森さん関連でメモリンク。
takeshitoさんの
あんていなふあんていダイアリー9/23更新分は、兼森さんや稲野さんなど当時のスタジオバードスタッフを
愛してやまない方々は要チェック。読んでワクワクよ。…見よ!この手つき!いなのん作画炸裂です。

あと同ブログより「稲野義信とは」 「稲野義信を味わおう!」を『作監シンドローム』の稲野義信コンテンツに関連リンクで
貼らせてもらいました。今年3月の雑記でも紹介させてもらったテキストですが、まだ未見の方は是非!いなのんへの愛を!

---------
なんて、寝る前にそんなことを徒然考えていたからでしょうか。今朝方、久しぶりに鬼太郎の夢を見ました。
夢の中では現在も3部放映中で、その回の作画は松本(朋)さん(わーい!ちゃんと座円洞作画!)でした。
そして話中のラスト、2人の屈強な鬼に追いかけられている松本鬼太郎は何故か全裸で、しかし股間をしっかりと紫のタオルで
隠しつつそれはカッコ良く走っているのですが、とうとう2人の鬼たち(私の化身でしょうか)につかまった拍子にあ!タオルが
取れそう!肝心なトコロが見えるか!?見えない!? ああっ・・・ と、いうところで目が覚めました。

真顔で云いますけどね。私のこの無念さ、あなたに分かりますか。あともう少しだったんですよ。
あまりにも無念だったので、夢の中の1カットを覚え描きしておきます。

おのれタオルの怨み忘れまじ・・・

それにしてもなんで紫のタオルだったのかなあー。全裸はともかく、それだけが謎です。


◎2005年9月24日(土)

◎更新メモ◎

解析分析図→「妄想楽屋裏」初期補完作業を再開です。
仕事の息抜きにちょこちょことやっていきます。
本日は1話「謎の妖怪城出現!!」と2話「鏡じじい」。

--------------------
それにしても実写版@正夫の新CMにはヤられました。
3年前に描いたマウスでマッチョの具現化が拝める日が
来ようとは。ブラボー!


◎2005年9月14日(水)

私が昔から「マズい(クセが強いとも云う)が飲んでいる酒シリーズ」にはお馴染みの電気ブランやカストリ焼酎があります。

カストリ焼酎と云えば昭和20年代の熱きエログロ・カストリ雑誌時代を思わずには
いられない訳で、この単語にピンとくる人も「昭和大正浪漫病」かも知れないね。

「カストリ雑誌」・・終戦直後に発行された短命の(エログロ)雑誌の総称。
3合で酔いつぶれる粗悪で強烈なカストリ焼酎にひっかけて命名されたもの。

名も無き古の人々が見栄や体裁かなぐり捨てて必死に作り上げたこういう悪趣味な露悪本が、やっぱり私は好きだなあ。

参考リンク:松岡正剛の千夜千冊『カストリ時代』(素晴らしい!)
      戦後エロ雑誌史(面白すぎです)


◎2005年9月12日(月)

◎更新メモ◎

痴愛偏愛画→『付録◆懶惰画廊』に画像追加。「三途の川のだつえばばあ」をモチーフに。

解析分析図→2001年度作成終了コラム「閻魔大王庁の風聞」に画像差し換えと注釈などを追加。
あのコラム自体、元ネタが分からないと意味不明過ぎるということに4年も経ってから気がついた
というのと、久々に目を通したらちょっと面白かったからという単純な理由によるものです。

劇場御案内→『おかし隊/発行物』に新刊情報を追加
次回配本「愛の毒々劇場3」の詳細を載せました。ハードコア仕様になってます。
イベントではほとんど男性の方が買って下さるのでその点は安心なのですが、書店や通販では
女性の方の需要もある様なので、このシリーズはちょっと心配になったりします。大丈夫かな?
なんて云いつつまだまだ先の話ですが、予定通り発行できる様に引き続き作業に入ります。

-----------サイトデザインを更に簡略化しました。雑記は更新メモやお知らせメインで。
あとメールやコメントに情報諸々ありがとうございます。最近行方不明になりがちですが、
サイト更新などは時間を作ってのんびり続けていきますのでどうぞよろしくお願いします。
ロシア帽の君!ありがとう。

 →雑記過去ログ/目次

→HOMEに戻る